« 2014年5月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年6月

2014年6月 8日 (日)

アジサイ

梅雨の季節となりましたが、梅雨といえば、アジサイがとてもきれい。
さてアジサイとは。
アジア、北アメリカに約40種類が分布する低木で、日本には約10数種があります。アジサイの花は両性花(完全花)と装飾花(不完全花、中性花)の2種で構成されています。両性花は生殖能力のあるいわば花の本体で、雄しべと雌しべを持ちますが、開花してもあまり目立ちません。装飾花は大きな花びら(じつは萼)をもっていますが雄しべや雌しべが退化しており、実を結ぶことはないそうです。アジサイの花を見て多くの人が「外見上の花」と認識している部分はたいがいが装飾花だと思われます。
土の酸度がひとつの要因となって(装飾花の)花色が変化し、アルカル性で赤っぽく、酸性で青っぽくなるとされます。その性質を利用して西洋アジサイは酸度調整によって花色を変化させた鉢花が出回るそうです。しかし、種によって変化には強弱があり、例えばヤマアジサイは酸度によって影響される変化は弱く、一概にすべてのアジサイに当てはまる性質とは言えないそうです。

主な種類として
●ガクアジサイ〔H.macrophylla f. normalis〕
日本に分布、漢字で書くと「額紫陽花」で両性花の周りに咲く装飾花を額縁に見立てたのものです。アジサイの仲間の花姿は本種が基本タイプとなります。
●アジサイ〔H. macrophylla〕
両性花がすべて装飾花に変化したガクアジサイの1タイプと言われており、日本では古くから親しまれています。狭い意味でアジサイというと本種を指し、あまり使いませんがホンアジサイの呼び名もあります。ユニークな品種に装飾花が丸みを帯びるウズアジサイ〔f. concavosepala〕があります。
●ヤマアジサイ〔H. serrata = H. macrophylla sub. serrata〕
ガクアジサイを小ぶりにしたような花姿で、どことなく野趣があります非常に多彩な品種があります。代表的な品種にシチダンカ〔f. prolifera〕があります。
●ノリウツギ〔H. paniculata〕
低木が多いアジサイの中では高性で、樹高は5m近くに達します。円錐状の花穂からピラミッドアジサイとも呼ばれます。花色は白で、品種のミナヅキ〔f. grandiflora〕は大きな花穂が美しい。樹皮から採れるねばねばが和紙のつなぎ(糊)となったので、この名前があります。
●カシワバアジサイ〔H. quercifolia〕
北アメリカ原産、葉が落葉樹のカシワに似ているのでこの名前があります。花色は白、円錐状に咲く花が特徴的です。
●西洋アジサイ〔H. macrophylla f. hortensia〕
日本に自生しているアジサイが中国経由でヨーロッパに渡り、そこで品種改良され、日本に逆輸入されたものの総称です。花色が豊富で主に鉢花で扱われているアジサイの主流です。装飾花だけの品種もあれば、両方の花を咲かせる品種もあります。従来のアジサイと区別するために属名の「ハイドランジア」の名前で呼ばれることも多い。

1406ajisai_1 1406ajisai_2 1406ajisai_3 1406ajisai_4 1406ajisai_5 1406ajisai_6 1406ajisai_7 1406ajisai_8 1406ajisai_9 1406ajisai_10 1406ajisai_11 1406ajisai_12 1406ajisai_13 1406ajisai_14 1406ajisai_15 1406ajisai_16 1406ajisai_17 1406ajisai_18 1406ajisai_19 1406ajisai_20 1406ajisai_21 1406ajisai_22 1406ajisai_23 1406ajisai_24 1406ajisai_25 1406ajisai_26 1406ajisai_27 1406ajisai_28 1406ajisai_29 1406ajisai_30 1406ajisai_31

これらの写真は近所で撮影した写真だが、鎌倉とか箱根とか行ってみたい。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年12月 »